鬱陶しい混合廃棄物を隈なく処分|全てはプロにオマカセ

捨てる時の注意

ドラム缶

一般的な廃油というと、家庭ではサラダ油などを思い浮かべますが、事業用の潤滑油や大量の調理油なども廃油として扱います。こうした廃油は法律で決められた方法で処分しないと違反となって処分されることもあるため、決まりに沿って処分する必要があります。潤滑油であれば機械のメンテナンスを施す時に出る廃油として一時保管しておき、ある程度まとまってから処分しても良いでしょう。しかし、長期間保管していると揮発して危険な場合もあるため、定期的に回収をしてくれる業者に依頼したり、法人で産業廃棄物として積極的に処理していく必要があります。揮発した気体を長期間慢性的に吸引していると障害が発生することもあるので間違った扱いは非常に危険です。

廃油は産業廃棄物に分類されるため、市町村のごみ処理場では扱うことができません。業者がそれぞれに廃棄していく必要があるので、どんな廃油で、どの程度までは保管しておけるのかをよく把握しましょう。揮発性のものでも密閉容器に保管しておければある程度まとめられますが、量が少ない場合には揮発できない状態にしてから気温や湿度管理もしながらまとまった量になるまで保持しておくと一度の廃棄コストを抑えることもできます。産業廃棄物を処理してくれる業者のサービスに応じて会社側でとるべき対処法は変わってくるので、定期的な回収をしてもらえるのかどうかも事前にチェックしておくとよいです。基本的に一時保管が必要になるので、漏出しないような工夫が最も大切です。

Copyright© 2017 鬱陶しい混合廃棄物を隈なく処分|全てはプロにオマカセ All Rights Reserved.